女子無線部

2017年08月18日

CQ ham radio編集部

ものづくり系”起業女子”から見た アマチュア無線の世界

※本記事は,CQ ham radio 2016年9月号に掲載された記事です.

 2016年9月,本誌が創刊して70周年を迎えました.携帯電話やスマートフォンの登場により,アマチュア無線の置かれる状況は急激に変化しています.Wi-Fiの普及により,あらゆる機器の無線化が進んでおり,無線はとても身近なものになりましたが,趣味の王様といわれたアマチュア無線を楽しむ若者は減少しています.

 そこで,アマチュア無線の新たな魅力・可能性を発見すべく,面白いことに敏感でアグレッシブな「20代起業女子」に集まっていただき,アマチュア無線はどう見えるのかを,ざっくばらんにお話ししてもらいました.彼女たちの等身大の言葉に耳を傾けてみましょう. (編集部)


参加者 :落合 みさこさん(JA1LXP)

    矢島 佳澄さん(JJ1DAB,2017年6月取得)

    山口 理恵さん(JJ1DDM,2017年6月取得)

聞き手 :編集部(JI1VCQ)

場 所 :DMM.make AKIBA(秋葉原)


落合さん :父が,CQ誌はずーっと続いている,ずっとファンがいる雑誌の中でトップだと言っていました.CQ誌から取材を受けるなんて,光栄なことだって.

山口さん : アマチュア無線を知らない私が参加して大丈夫なのかなぁ?

編集部 : アマチュア無線をまったく知らないというフラットな目線で,率直な意見を聞かせてくれれば大丈夫ですよ.では,座談会,始めますね!

 

最新記事

カテゴリー